シンプルライフ、てきとうくらし

できるかぎりシンプルに暮らしたい。1LDKの賃貸で夫と娘と3人暮らし

ミニマリスト・シンプリストに共感できないところ

快適な暮らしをするために、物をなるべく減らしたい。私も常々こう思っています。

ぎゅうぎゅうのクローゼットをどうにかしたい。

部屋に余計な色を入れたくない。

ミニマリストやシンプリストに共感する部分は沢山あります。

でもやっぱり元々捨てるのが苦手だったせいかどうしても受け入れられないところもあるんですよね。

ミニマリストに共感できない3つのこと

「化粧品もシャンプーも歯磨き粉もパッケージ重視」という考え方

なぜ共感できないか、それは化粧品が大好きだからです!

プチプラからデパコスまで。パッケージではなく質を重視したい。新しい化粧品を買って使うときめきを大事にしたい。

よくいますよね、「基礎化粧品もパッケージのシンプルさが好きなので全て無印です」って人。わかります。無印のシンプルさいいですよね。無印良品は大好きです。でも基礎化粧品やコスメまで無印にしたくないんです。

化粧水は一度使ったことがあるんですが、何の感動もなく、ときめきもなく、浸透している感じもなくて、「あ、これはあれだ。肌が元から強い人向けなヤツだ」と思ったんですよね。肌が元から強い人は基本的に何を使っても大丈夫です。

高校生の頃、化粧はニベアのボディクリームを塗り込みティッシュオフして、洗顔もせずそのまま寝るという強者もいました。彼女はとても綺麗な肌をしていました。そう、彼女の肌は生まれつき強かったんです。

ニベアで思い出しましたが、一時期爆発的人気を博したニベアの青缶。あれ合いませんでした。まずあのような匂いがキッツイ物を顔に塗りたくることに抵抗がありました。あの匂いは好きなんですけど、顔に塗りたくるのはちょっと……って感じで。

某高級化粧品と同じ成分と話題になりましたが、あれだけ金額が違うのですから精製方法とかが違うんでしょうね。良さがわかりませんでした。ニベア青缶もまさに肌が強い人向けの商品だと思います。

私のようなゆらぎ肌と言うんでしょうか、ホルモンバランスや使う化粧品によって肌のコンディションが大きく変わるタイプには、コスメのミニマム化は向いていないのかなと思うんです。

また、化粧品やシャンプーには使用効果だけではなく、心への作用も求めてしまうのです。
だって、デパコス使うと気分上がるじゃん??なんか手軽に良い女になれた感じするじゃん?高級感のある良い匂いするじゃん??

先日RTで回ってきたこのツイートを見て、私は首がもげるほど共感してしまいました。


そうなんです!高めの化粧品は簡単に自己肯定感を高めてくれるツールなのです。
美容室専売品のシャンプーやトリートメントなんかもそうです。

こんな考えを書いたらミニマリストやシンプリストに破門されてしまいそうですね。

本当はこういう俗物的で軽薄な概念からの脱却を目指すのがミニマリズムなのかもしれません。
でもいいんです。私はミニマリストになりたいんじゃなくて、快適に暮らしたいだけだから。
開き直りですね。

あ、あと歯磨き粉は知覚過敏だから専用の歯磨き粉でないとムリっていう悲しい理由です(泣) 知覚過敏じゃなかったら多分無印のを使っていたでしょう……。


「食器類は全て白で統一。食器棚もありません。この箱に全て入れてます」という人

この箱に全て入れてます、でなくても本当に小さな収納に入るくらいの必要最低限の食器しか持たないという方いらっしゃいますよね。
これ、無理です。だって素敵な器に入れると、私のズボラ料理がマシに見えるんですもの。オホホ……。料理スキル向上も大切だけれど、料理スキル向上のためのモチベーションを上げてくれるのはそう、器! 旅行先で器を探すのも楽しいもんね。

あと和食器を使った彩り豊かな食卓に憧れているってのもあります。


「子どもの意見を尊重せずにマリメッコのバッグを持たせたりする親」

なんかいきなり具体的すぎてすいません。
マリメッコに親を殺されたわけではないです。
子どもが本人がマリメッコ好きだったら全然いいんですよ。でも大半の子どもってキャラものが好きじゃないですか。
私はセーラームーンとキキララが好きでした。

キャラものやカラフルなおもちゃはインテリアを阻害しますが、この辺はあまり私の趣味を押し付けないようにしようと思っています。
アンパンマンのズックは小さい今しか履けません。キティちゃんの帽子も今しか被れません。プリキュア仮面ライダーどんとこいです。

ミニマム(シンプル)化するかしないかで分類してみました

とりあえず自分の価値観とミニマム・シンプルライフ的価値観をすり合わせて、何をミニマム化したいのか、したくないのか、できないのか分類してみました。

ミニマム化したい物

  • 雑貨
  • 書類
  • 筆記用具

ミニマム化できない物

  • 食器類
  • 化粧品
  • 歯磨き粉
  • 子供のおもちゃ

ミニマム化できないと思っていたが、こだわりが薄れつつある物


まとめ

上の項ででこだわりが薄れつつあるものに、「本」と挙げました。
これは自分にとっても驚くべき変化でした。本は読んで貯蔵するものだと長年の間考えてきたからです。

子どもが生まれて収納スペースが逼迫したせいか、否が応でも現実を見なければいけなくなったせいか、読了済の「本」をただ積んでおくことに価値を見い出せなくなりました。

こういうふうに今は譲れないものでも、いつかは「捨てよう」と思う日が来るかもしれません。

その日まで、「必要最低限にこだわらず、好きなものを管理できる範囲で」をモットーに日々の生活を楽しみたいと思います。

■ランキングに参加しています。クリックして頂けたら励みになります!


にほんブログ村 インテリアブログ 賃貸インテリアへ

にほんブログ村 子育てブログへ

■参考になるブログが沢山ありますよ♪
にほんブログ村テーマ
イケア・無印良品・ニトリで収納インテリア

にほんブログ村テーマ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

にほんブログ村テーマ
すっきり暮らす

にほんブログ村テーマ
ユニクロ・しまむら・西松屋deルンルン♪

にほんブログ村テーマ
オシャレで可愛いママファッション☆